結婚式の費用を安く抑える事は可能か?

"全てではありませんが可能です"
 
高山市には費用を安くする、スマ婚など大手会社はありませんが、
当スタジオは撮影以外にも、ブライダルプロディユース&サポートなどもおこなっております。
 
 
 
皆さんは結婚式を挙げようとした場合、まず雑誌・情報誌なのど広告を見て、ブライダルフェアに行きますよね?
 
まず式場を決める前が肝心なんです! 
 

結婚式の費用を安く抑える事は可能か?

"全てではありませんが可能です"
 
高山市には費用を安くする、スマ婚など大手会社はありませんが、
撮影以外にも、ブライダルプロディユース&サポートなどもおこなっております。
 
 
皆さんは結婚式を挙げようとした場合、
まず雑誌・情報誌なのど広告を見て、ブライダルフェアに行きますよね?
 

まず式場を決める前が肝心なんです! 


なぜ「結婚式」を決める前にと言いますと、
撮影費用だけでも大幅に削減できるからです。 

スマートフォンが普及し、インターネットが当たり前の時代です!
これから結婚を考えてる方・式場を探し考えてる方に、是非読んでいただければ嬉しいです。

なぜ「結婚式」を決める前にと言いますと、
撮影費用だけでも大幅に削減できるからです。 

スマートフォンが普及し、インターネットが当たり前の時代です!
これから結婚を考えてる方・式場を探し考えてる方に、
是非読んでいただければ嬉しいです。

式場を決める前と何が違うのか?

  2017年現在、高山市・飛騨市の全ての結婚式場、一部のホテル様のご理解もあり、
当スタジオからお客様を紹介した場合、"持ち込み料"が無料になる会場があります。

 

実際、「結婚式場を決める前に」と、うたってきましたが、
2015年〜2016年に、当スタジオに撮影依頼をしてくれたお客様は27組
その中で実際に結婚式場を決める前にきてくださった方は5組でした。
  

式場のサービスは「プロ」です!
全式場&ホテル様に心から紹介しお任せできます。

 

結婚式の撮影は「外注」です !
撮影に関しては、大切な写真・映像に関しては、お客様の自由だと思ってます。

 

また持ち込み料がかかっても選ばれた理由は、

安いから? イヤ違います!!
 
"サービス"に力を入れてきたからです。
またプロとして時代に見合った「適正価格」で勝負してます。

式場を決める前と何が違うのか?

  2017年現在、高山市・飛騨市の全ての結婚式場、
一部のホテル様のご理解もあり、 当スタジオからお客様を紹介した場合、
"持ち込み料"が無料になる会場があります。

 

実際、「結婚式場を決める前に」と、うたってきましたが、

2015年〜2016年に、当スタジオに撮影依頼をしてくれたお客様は27組
その中で実際に結婚式場を決める前にきてくださった方は5組でした
  

式場のサービスは「プロ」です!
全式場&ホテル様に心から紹介しお任せできます。

 

結婚式の撮影は「外注」です !
撮影に関しては、大切な写真・映像に関しては、お客様の自由だと思ってます。

 

また持ち込み料がかかっても選ばれた理由は、

安いから? イヤ違います!!
 

"サービス"に力を入れてきたからです。
またプロとして時代に見合った「適正価格」で勝負してます。


- 持ち込み料について -

提携以外のカメラマンが入ると「持ち込み料」がかかります。 

提携していた頃に、アルバムや撮影料に20%〜50%金額を、
プラスしたものが、お客様が支払う金額になっています。
 
ビジネスなので当たり前な事ですが、商品は卸値と売値は違います。
 
実際のところ持ち込み料を払ってもあまり変わらないんです。

- 持ち込み料について -

提携以外のカメラマンが入ると「持ち込み料」がかかります。
 
提携していた頃に、アルバムや撮影料に20%〜50%金額を、
プラスしたものが、お客様が支払う金額になっています。
ビジネスなので当たり前な事ですが、商品は卸値と売値は違います。
 
実際のところ持ち込み料を払ってもあまり変わらないんです。

カメラマンを持ち込むという事自体は、昔から無かったわけではありません。

しかし、ここ最近は、インターネットで手軽にクオリティの高い映像会社や
フォトグラファーを探せるようになったため、結婚式場にカメラマンを持ち込むケースが急増しました。
 
それには時代の背景が深く関わってきています。
 
アナログTVがデジタルに変わり、携帯電話が白黒からカラーに、
ガラケーからスマートフォンに変わった急速な時代進化
 
また誰が予想していましたか?

カメラマンを持ち込むという事自体は、
昔から無かったわけではありません。

しかし、ここ最近は、インターネットで手軽にクオリティの高い映像会社や
フォトグラファーを探せるようになったため、
結婚式場にカメラマンを持ち込むケースが急増しました。
 
それには時代の背景が深く関わってきています。
 
アナログTVがデジタルに変わり、携帯電話が白黒からカラーに、
ガラケーからスマートフォンに変わった急速な時代進化
 
また誰が予想していましたか?

そもそも結婚式の写真・ビデオ撮影って何?
フォト・映像業者ってどこも同じじゃないの?

と感じている方も多いのではないでしょうか?

 
全てではありませんが、時代の進化に追いついてない撮影業者がたくさんいます。
 

今は2017年ですよ!!

前撮りの写真撮影では、昔ながらのTHE昭和とでも言える。
背景用紙の前で「はいポーズ」なんてやってるとこもあれば...
 
DVDに収まるサイズの画質の映像を、オプションでBlu-rayに...

「はっきり言って変わりません」

DVDに収まらないデータ量の大きな綺麗な映像だからこそBlu-rayにするものです!
 
「プロ」なんで、新しい事はもちろん
昔からの事もできて当たり前です。
 
※とくに映像会社には、近年かなり差ができてます
 
何よりも近年映像業界が大きく変化した事にも関係しています。
 これから結婚式のムービーを準備するあたなの参考になれば幸いです
 

そもそも結婚式の写真・ビデオ撮影って何?
フォト・映像業者ってどこも同じじゃないの?
と感じている方も多いのではないでしょうか? 

全てではありませんが、時代の進化に追いついてない撮影業者がたくさんいます。
 

今は2017年ですよ!!

前撮りの写真撮影では、昔ながらのTHE昭和とでも言える。
背景用紙の前で「はいポーズ」なんてやってるとこもあれば...
 
DVDに収まるサイズの画質の映像を、オプションでBlu-rayに...

「はっきり言って変わりません」

DVDに収まらないデータ量の大きな綺麗な映像だからこそBlu-rayにするものです!
 
「プロ」なんで、新しい事はもちろん
昔からの事もできて当たり前です。
 
※とくに映像会社には、近年かなり差ができてます。 
何よりも近年映像業界が大きく変化した事にも関係しています。
 これから結婚式のムービーを準備するあたなの参考になれば幸いです
 

映像会社のクオリティが大幅に変わった!?

  これまで結婚式場と提携していれば特に企業努力をしなくとも、仕事をもらえる状態だった映像会社が、
持ち込み対策として自社の映像商品の品質向上に力を入れざるを得なくなったことです。
式場提携の業者にしても、外部の映像会社にしても、スマートフォンの普及前とくらべてクオリティは格段に上がりました。
 
インターネットが当たり前になったことにより結婚式場に、
カメラマンを持ち込むケースが増えました。

 

そうなると、結婚式場と提携している業者に依頼するカップルが減り、式場も提携の映像会社が利益が出せなくなってしまいます。
 そこで、提携映像会社は持ち込みの禁止を結婚式場にお願いしたり、持ち込み料を上げるようにして持ち込みを防ぐようにします。
 
通常の感覚では、 「あなたのところの映像が気に入らなかったから他の業者にお願いするのに、持ち込み料をとるっておかしくない?」ということになります。
 式場提携の映像会社も持ち込み禁止や持ち込み料というものに、カップルの理解を得られないことは十分に分かっているので、当然品質向上に力を入れる事になります。
 
 

未だに全ての提携業者が、金額と見合うサービスをしてるとは思えません

ゼクシィのアンケートで依頼して後悔したランキング1位はビデオ撮影なんです。

実際の撮影した映像を見せてもらい、比較することをお勧めします!


またインターネット上での競合他社は年々増加しています。
その分競争が激化しているため、相当な企業努力をしなければとても生き残れません。
 
自由競争の世界なので当然といえば当然なのですが、各社商品の改善やカメラマンの技術向上に力を入れています。
 

ここ数年、映像機材の高画質化が相当進化しました。 

しかし、どんな機材で撮影するにしても、大切なのは撮影する「人」であって、
機材が良ければ必ず良い映像が撮れるわけではありません。
 
どんなものが撮影したいのかによって、選択する機材は変わるのが当たり前です。
それぞれの機材の特徴をしっかりと理解し、お客様の要望や現場に合わせた選択が大切になります。

 

根本的にカメラマンの技術力や知識力が高くなければそのような選択ができず、新郎新婦にとってベストな撮影はできなくなります。
専門的な知識と現場での経験と高いセンスを持ち合わせているカメラマンは、そう多くはありません。

 

最新の機材だからといって、必ずしも良い映像になるということではないので、
必ずカメラマンで選ぶようにすることを私達は強くオススメします。
 

映像会社のクオリティが大幅に変わった!?

  これまで結婚式場と提携していれば特に企業努力をしなくとも、
仕事をもらえる状態だった映像会社が、
持ち込み対策として自社の映像商品の
品質向上に力を入れざるを得なくなったことです。
 

式場提携の業者にしても、外部の映像会社にしても、
スマートフォンの普及前とくらべてクオリティは格段に上がりました。

  インターネットが当たり前になったことにより結婚式場に、
カメラマンを持ち込むケースが増えました。

 

そうなると、結婚式場と提携している業者に依頼するカップルが減り、
式場も提携の映像会社が利益が出せなくなってしまいます。
 
  そこで、提携映像会社は持ち込みの禁止を結婚式場にお願いしたり、
持ち込み料を上げるようにして持ち込みを防ぐようにします。
 
   通常の感覚では、
「あなたのところの映像が気に入らなかったから他の業者にお願いするのに、 持ち込み料をとるっておかしくない?」 ということになります。
 
 式場提携の映像会社も持ち込み禁止や持ち込み料というものに、
カップルの理解を得られないことは十分に分かっているので、
当然品質向上に力を入れる事になります。
 

未だに全ての提携業者が、金額と見合うサービスをしてるとは思えません

ゼクシィのアンケートで撮影依頼して
後悔した ランキング1位はビデオ撮影なんです。

なので実際の撮影した映像を見せてもらい、比較することをお勧めします!

またインターネット上での競合他社は年々増加しています。
その分競争が激化しているため、
相当な企業努力をしなければとても生き残れません。
 
自由競争の世界なので当然といえば当然なのですが、
各社商品の改善やカメラマンの技術向上に力を入れています。
 

ここ数年、映像機材の高画質化が相当進化しました。 

しかし、どんな機材で撮影するにしても、
大切なのは撮影する「人」であって、
機材が良ければ必ず良い映像が撮れるわけではありません。
 
どんなものが撮影したいのかによって、
選択する機材は変わるのが当たり前です。
 
それぞれの機材の特徴をしっかりと理解し、
お客様の要望や現場に合わせた選択が大切になります。

 

根本的にカメラマンの技術力や知識力が高くなければそのような選択ができず、 新郎新婦にとってベストな撮影はできなくなります。
 
専門的な知識と現場での経験と高いセンスを
持ち合わせているカメラマンは、そう多くはありません。

 

最新の機材だからといって、必ずしも
良い映像になるということではないので、

必ずカメラマンで選ぶようにすることを私達は強くオススメします。 

 


ブライダル業界には「適正価格の追求」がなかった?!

『結婚式はステキなもの、そんな大切な結婚式を適正価格で提供したい』
それがNAUGHTY STUDIOの想いです。

 

一生に一回だから「相場」というものが分からない。
みなさんに喜んでいただけるおめでたいイベントだから…
 
というのが賢い選択を阻んできた原因でもあります。

それをいいことに業者は不透明な料金設定を敷き、
本来あるべき適正価格の追求がブライダル業界には行われていなかったのです。
 

Nスタが考えるのは「激安」でも「訳あり」でもない
品質を落とさない”適正価格の結婚式” 

NAUGHTY STUDIOは、 お客様の生の声を聞き、 ブライダル業界には改革が必要だと考え、 それに一つ一つ答える事からはじめました。
写真撮影・映像撮影から始まり、ウェルカムボード制作、生い立ちビデオやエンドロール制作、
また招待状・席次表に引き出物、気づけば衣装の手配や衣装・ドレスの仕入れまで取り扱うようになっていました。
 
基本は写真・映像・デザインが主体の私たちは、この想いに賛同くださるたくさんの関連業者様のご理解とご協力をいただき、

適正価格での結婚式プロデュースを始めることにしました。

 
 

ブライダル業界には「適正価格の追求」がなかった?!

『結婚式はステキなもの、そんな大切な結婚式を適正価格で提供したい』
それがNAUGHTY STUDIOの想いです。

 

一生に一回だから「相場」というものが分からない。
みなさんに喜んでいただけるおめでたいイベントだから…
というのが賢い選択を阻んできた原因でもあります。

それをいいことに業者は不透明な料金設定を敷き、本来あるべき適正価格の追求がブライダル業界には行われていなかったのです。
 

Nスタが考えるのは「激安」でも「訳あり」でもない
品質を落とさない”適正価格の結婚式” 

NAUGHTY STUDIOは、 お客様の生の声を聞き、 ブライダル業界には改革が必要だと考え、それに一つ一つ答える事からはじめました。 
写真撮影・映像撮影から始まり、ウェルカムボード制作、生い立ちビデオや
エンドロール制作、また招待状・席次表に引き出物、気づけば衣装の手配や衣装・ドレスの仕入れまで取り扱うようになっていました。
 
基本は写真・映像・デザインが主体の私たちは、この想いに賛同くださるたくさんの関連業者様のご理解とご協力をいただき、
適正価格での結婚式プロデュースを始めることにしました。